防災科研の基盤的火山観測網(V-net)のデータ提供開始

防災科研の基盤的火山観測網(V-net)のデータ提供を開始しました。

メニューの「火山観測データを見る・探す」→「登録データを閲覧」を選ぶと観測点情報などを見ることができます。

データをダウンロードする場合は、ユーザ登録を行ってログインする必要があります。

 

なお、短周期地震計・傾斜計・広帯域地震計のWIN32フォーマットデータは、V-netホームページからユーザ登録してダウンロードしてください。

 

基盤的火山観測網(V-net)とは

防災科研が整備・運用している、全国の主要な16の活火山に55か所配置した火山観測網で、マグマの蓄積・移動から噴火に至るまでの一連の過程を観測するため、孔井式地震傾斜観測装置、広帯域地震計、GNSSなどを置いて観測しています。これらのデータは、インターネットで広く公開され、火山噴火のメカニズム解明などの基礎的な研究にも活用されるとともに、気象庁にリアルタイムで配信され、火山監視にも貢献しています。

関連記事