雲仙普賢岳平成噴火の写真データの提供開始

雲仙普賢岳平成噴火の写真データの提供を開始しました。

https://jvdn.bosai.go.jp/portal/ja/unzen-photo-top

データをダウンロードして利用するには、JVDNシステムへのログインが必要です。

雲仙普賢岳平成噴火とは
平成2年から7年まで雲仙岳の普賢岳で続いた噴火。噴火による火砕流や土石流により甚大な被害が発生した。平成3年6月3日に噴火開始後最大規模の火砕流が発生し、雲仙岳東麓で死者・行方不明者43人が犠牲となった。また平成5年6月には雲仙岳北東の地区に火砕流が到達し1人が犠牲となった。

謝辞
九州大学の太田一也氏、清水洋氏、松島健氏、長崎大学の馬越孝道氏、防災科学技術研究所の中田節也氏には写真データ提供へのご賛同ならびにデータ整備についてご助言いただきました。

関連記事