防災科研の阿蘇山臨時火山観測点データの提供開始

防災科学技術研究所の阿蘇山臨時火山観測点のデータ提供を開始しました。

この臨時火山観測点は、2016年熊本地震後に阿蘇山の観測体制強化のため、阿蘇山の周辺19か所に設置したものです。

19点には広帯域地震計(Trillium Compact)、19点中12点には地殻変動を観測するためのGNSS観測装置(GEM2)が設置されています。

2022年5月18日現在、2022年1月以降のデータを登録していますが、それ以前のデータも順次登録を進めています。

臨時火山観測点の位置

観測点のアイコンをクリックすると詳細情報が表示されます。


臨時火山観測点の写真

山田臨時火山観測点(ASYV)

関連記事